Top
カテゴリ:music( 14 )
高鈴 Live
f0074429_23295560.jpg

今夜は家の近くの廃駅で行われた、京都出身のユニット、高鈴のLiveに行って来ました。
Liveなんて何年ぶりだろう。

古い駅舎に響き渡る優しいギターの音と歌声。
Liveだから余計にそう感じたのかもしれませんが、Vo.の山本さんの人の心を捕らえて離さない
吸い込まれていくような素晴らしい歌声に感動。
この方は歌を歌うために生まれてきたのでは..と思うほどでした。

やっぱりLiveっていいですね。
もっとLiveに行ける状況であれば、どんどん足を運ぶのになぁ。。

高鈴の中でいちばん好きな曲「リトルダンス」。
良かったらみなさんも聴いてみてください。

♪「リトルダンス」/ 高鈴
[PR]
by un-demi_1-2 | 2009-07-26 23:53 | music
亡き王女のためのパヴァーヌ
f0074429_2345168.jpg

フランスの作曲家、ラヴェルが1899年に作曲したピアノ曲「亡き王女のためのパヴァーヌ」。
最近TVで流れているのを耳にして久しぶりに聴きたくなり、持っていたCDを引っ張り出して
寝る前によく聴いています。

静かな雨の降る夜なんかに聴くとはまり過ぎるくらい繊細で美しい旋律。
ラヴェルが自動車事故によって記憶障害になってしまった時にこの曲を聴き、
「この曲はとても素晴らしい。誰が書いた曲だろう。」と言ったらしいのですが
それもうなずけます。

この曲が弾きたくなり、只今ピアノを練習中。
もう昔のように指は動かなくなってしまいましたが、きっといろいろなことを経験した分
今の方がこの曲を情感込めて弾けるような気がします。

♪「亡き王女のためのパヴァーヌ」
[PR]
by un-demi_1-2 | 2009-06-29 23:58 | music
「瞳はダイアモンド」
f0074429_11415716.jpg

一昨日の夜に、NHKのSONGSという番組で平井堅特集をやっていて観ていたのですが、
その中で、私の大好きな曲「瞳はダイアモンド」を歌っていて、聴き入ってしまいました。

「瞳はダイアモンド」を聖子ちゃんが歌っていたのは、確か私が小学生の時。
その当時は恋の切なさなど知るわけもなく、なんとなく聴いていたのですが、
大人になってあらためて聴いてみると、とてもいい歌だなぁとしみじみ。さすが松本隆です。

平井堅だけではなく、徳永英明も「瞳はダイアモンド」をカヴァーしていましたが、
アーティストが聴いても、やはりいい歌なんでしょうね。
[PR]
by un-demi_1-2 | 2009-05-29 11:53 | music
『Love logic』/ Minuano
f0074429_16535312.jpg

外は雨模様。
部屋の中でずっとヘッドフォンをつけて音楽を聴いていました。
ただいま閉じています...。

写真は今月発売されたMinuanoの『Love Logic』というアルバムです。
中身はどうであれジャケがステキ!と思い注文したところ、内容も良かったです。
ディスクユニオンで購入すると付いてくるという、アルバム未収録曲「ある春の恋人」を
lampの染谷さんがblogで絶賛されていたので、どうしても聴いてみたくなり
わざわざ送料のかかるディスクユニオンで購入しました。

Minuanoはこちらで試聴できます。
http://www.myspace.com/minuanomusic
[PR]
by un-demi_1-2 | 2009-03-22 17:18 | music
OWEN /『AT HOME WITH OWEN』
f0074429_23215278.jpg

OWENの『AT HOME WITH OWEN』というアルバム。
ここ最近、部屋でも、車の中でもずっーと、というかこれしか聴いていません。

このアルバムとの出会い方がちょっと特別だったというのもありますが、
もし無人島に行くとなって、CDを5枚まで持って行っていいというのであれば
間違いなくその中の1枚に選ぶほど好きです。

ジャケットもステキですし、とにかく良いのです。

□ 追記
[PR]
by un-demi_1-2 | 2009-01-28 23:38 | music
羊毛とおはな
f0074429_0551317.jpg

最近、車の中などでクリスマスソングをかけてはちょっぴり浮かれています。笑


クリスマスソング以外で少し前から聴いているのが“羊毛とおはな”。

きっかけはENEOSのCMで流れている「Perfect」で、誰がカバーしているんだろうと
ずっと気になっていて、調べてみたら“羊毛とおはな”だったのです。

「Perfect」以外にも私の好きな曲、Stingの「Englishman in New York」や
バカラック、キャロル・キングなどもカバーしていて、これまた良いのです。


アコギとちょっとUAに似た感じの女性ボーカルのアコースティックサウンドで
聴いていていい意味で後に残らないというか、水の様に浸透する感じがして
ゆる〜く聴けますよ♪
[PR]
by un-demi_1-2 | 2008-12-18 23:59 | music
『Raspberry』/ tico moon
f0074429_2153159.jpg

最近寝る前によく聴いているのがこのアルバム、
tico moon の『Raspberry』です。

大好きなモリコーネの「初恋」(映画「ニューシネマパラダイス」のテーマ曲)や
ビル・エヴァンスの「Waltz For Debby」が入っていたので購入したのですが、
その他のオリジナル曲もなかなか良かったです。


アイリッシュハープとギターの優しい音色が、寝苦しい夜を爽やかにしてくれます。

[PR]
by un-demi_1-2 | 2008-08-13 23:59 | music
paulo muniz / 『trying to fool destiny』
f0074429_194151.jpg
夏も終わりに近づきつつある最近のお気に入りは
リオ・デ・ジャネイロ出身のシンガーソングライター、
PAULO MUNIZ(パウロ・ムニツ)のアルバム、
『trying to fool destiny』です。

このジャケットは、2006年に自主制作で出されたアルバムに
ボーナストラックが入って先月発売された日本盤のものなのですが、
輸入盤のジャケットよりもこちらの方が断然オシャレで好きです。
(輸入盤は本人の顔のアップがぼや〜っと映っています。
あ、いえ顔が悪いという意味ではないですよ。。笑)

ソフィスティケイトされたメロディアスなボサノヴァ、
甘く優しく響く歌声、まさに“ステキ男子”です。
全編とてもリラックスして聴けますよ。

[PR]
by un-demi_1-2 | 2007-08-29 19:48 | music
『こころうた』
f0074429_20345640.jpg
大好きなアン・サリーさんのNew Album『こころうた』。

以前から、彼女のうたは耳にもこころにも優しく、
やわらかく包んでくれるような感じがしていたのですが、
今回のアルバムはますますそれに深みが増したような気がしました。

このアルバム制作時にはちょうど第二子を宿されていたそうで
彼女の“母”である部分が大きく関係しているのでしょうか。

もし自分に子供がいたら、まず聴かせたいと思ったので、
母となった友人、そしてこれから母となる友人にオススメしたいです。

[PR]
by un-demi_1-2 | 2007-07-25 20:40 | music
『Summer Clouds,Summer Rain』
f0074429_2151375.jpg

最近よく聴いているのは、以前から好きな畠山美由紀さんの
新しいアルバム『Summer Clouds,Summer Rain』です。

昔、学校で習った懐かしい「浜辺の歌」や
ビートルズの中でも特に好きな曲「Blackbird」の
カバーも入っていて、お気に入りの1枚となりました。

アコースティックギターに畠山さんのしっとりとした歌声。
シンプルだけどとても心に染み入ります。


ただ、わたしにとって畠山さん, PORT OF NOTESのサウンドは
大好きなのに、こころもからだも元気なときにしか聴けません。

落ち込んでいたり、弱っている時に聴くと、どこまでも
深いところに落ちていってしまう気がするんですよね。

わたしの中にあるなにかとシンクロしてしまうからなのかも。。

そういう音楽ってありませんか?

[PR]
by un-demi_1-2 | 2007-07-19 22:19 | music



by tomoe
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30